HOTPOTの会の皆様へ

毎度!赤堀です。

桜の花びらに温もりを感じる頃となりましたが、皆さまお変わりございませんか。

さて、題名の件

第86回HOTPOTの会開催のご案内です。

今回は、HOTPOTの会幹事の村木 正靖さんにお話しいただきます。

HOT POTの皆様

視覚支援学校ってどんな所と思いますか? どんなイメージをお持ちですか?

勉強は? カリキュラムは? 課外活動は? 卒業後の進路は?国試は? 

近年、視覚支援学校、取りわけ理療課への入学希望者が全国的に減少してきています。

視覚障碍者にとっての伝統的な職種「あはき」への社会的な理解と

盲学校が視覚障碍者の就労におけるセーフティーネットとして必要であると私は考えています。

そこで、少しでも視覚支援学校の魅力についてお伝えできればと思います。

私は銀行員、サラリーマン、会社経営を経て、3年間の視覚支援学校での学生生活を終え、

今、まさにあんま、マッサージの業界へ入ったところです。

視覚障碍者になったからこそ、入学が許される視覚支援学校。

この年齢になっても体験出来た学生生活。

3年間の体験談、全盲になってからの学習への工夫、新しい事への取り組む慶びなどなど・・。

そして今、思う事をみなさんにお伝えしたいと思います。

プロフィール:村木 正靖(むらき まさやす)

1960年 兵庫県生まれ

1983年 銀行へ入行

1986年 貿易会社へ転職

1995年 卸業の株式会社設立

2007年 網膜色素変性により、身体障碍者手帳2級を取得

2018年 身体障碍者手帳1級取得

2019年 会社を廃業、大阪府立北視覚支援学校保健理療課入学

2022年 卒業、4月より作業所勤務

●日時:2022年4月15日金曜日

●スケジュール

18時30分:受付開始

19時00分:講演

20時:質疑応答

20時30分:講演会終了

同時に、ZOOM終了

20時30分から参加者の自己紹介

21時15分 終了